AZOLOL(アゾロール)

筋肉増強剤・アナボリックステロイド NAVI

AZOLOL(アゾロール)

AZOLOL(アゾロール)は、効果が高く副作用の少ない筋肉増強剤です。
メイン成分は、スタノゾロールと呼ばれる蛋白同化ステロイドです。
蛋白同化ステロイドの中でも、特殊な存在となっており、ヘビーユーザーにもライトユーザーにも利用されている、とても幅広いものとなります。
コンテストを目指すボディビルダーだけでなく、トップアスリートや、筋肉を絞ることを目的としたアマチュアでも利用できるため、なかなか筋肉増強剤利用に踏み出せない初心者にもお勧めの一品となります。
こちらも、インターネットの通販で購入ができます。 → アゾロールAZOLOL (スタノゾロール5mg)
スタノゾロールは、蛋白同化作用がとても大きく、他の蛋白同化ステロイドと比較すれば、頭ひとつ抜けているくらい大きな効果が認められます。
なんといっても、たんぱく質から筋肉へと変性させていくのが早く、効率にもとても優れています。
それに対し、副作用というデメリットが少ないため、広い幅の利用者にも対応できるのでしょう。

なぜ、ここまで効果があっても副作用が少ないのでしょうか。
それは、このスタノゾロールと呼ばれるステロイドは、筋肉増強よりも、筋肉を引き締めるほうに作用が偏っているからなのです。
筋肉量を増やすわけではなく、筋肉の質をあげるといえば、イメージしやすいと思いますが、他のステロイドが量タイプなら、スタノゾロールは質タイプとなるわけです。

この利点を大きく活用させるためには、AZOLOL(アゾロール)を利用していくタイミングを考えていく必要があります。
AZOLOL(アゾロール)は、カッティングサイクルでの利用がベストとされています。
この場合のサイクルは、筋肉増強剤を使い続けている場合のサイクルを指し、カッティングサイクルは、その中での休憩期間を言います。
筋肉増強のメカニズムにおいて、ステロイドは血中の受容体と合致することにより、筋肉と成り代わっていきます。
そのサイクルを続けていきたくても、筋肉増強剤を使っている限り、血中にはステロイドが大量に存在してしまっている状態では、効率的に筋肉は作られなくなってしまうのです。
そのため、休憩期間、つまり血中のステロイド濃度を下げる期間が必要となります。
その期間にAZOLOL(アゾロール)を使用することにより、大きな効果が期待できるのです。