スタノル(スタノール)STANOL

筋肉増強剤・アナボリックステロイド NAVI

スタノル(スタノール)STANOL

http://www.gdrugec.com/item/itemgenre/muscle/1522/ スタノル(スタノール)STANOLは、有効成分にスタノゾロールを採用した筋肉増強剤です。
他の筋肉増強剤と同じような、蛋白同化ステロイド剤であり、蛋白同化作用から、筋肉増強を図っていきます。
このスタノル(スタノール)STANOLは、筋肉増強剤のヘビーユーザーからライトユーザーまで様々な人に愛用されています。
スタノル(スタノール)STANOLは、個人輸入等で海外から輸入できます。ちなみに私は、ジードラックからスタノール5mg 200錠入りを2ボトル注文しました。

メイン成分であるスタノゾロールは、効果が強いのに対し、特定の副作用が起きにくいとして有名です。
非常に強い効果の要因は、蛋白同化作用にあります。
摂取したたんぱく質を効率的に筋肉へと変性させていくことにより、非常にスピーディに筋肉増強をはかれる、というわけです。

それに対し、アンドロゲニック作用による副作用が起きにくいというメリットもあります。
アンドロゲニック作用とは、蛋白同化作用により、男性化してしまうという副作用のことを指します。
この副作用がおきにくいことにより、男性ホルモンの女性ホルモン変性を食い止められるほか、乳房の女性化や、睾丸・精巣の機能低下に起因する性障害も食い止めることが出来るのです。

これが、アマチュアのライトユーザーにも人気の秘訣なのかもしれません。
効果が強いのに対し、副作用がおきにくいということは、併用する薬の量も他に比べて少なくすみます。
そのため、筋肉を気軽に絞っていく目的でも利用しやすく、金額もかさみにくいという利点も生まれるのです。

スタノル(スタノール)STANOLを利用するのに最適なのは、カッティングサイクルと呼ばれる期間です。
この場合のサイクルは、ステロイド剤などを利用して筋肉増強を図るサイクルの事を指します。
筋肉増強を図ると、血中ステロイド濃度がとても高くなります。
ステロイドは血中に入り込むと、パズルのように受容体と結びつき、効果を発揮していきますが、このステロイド濃度が高くなってしまうと、受容体に対して数が合わなくなるため、効率が大幅にダウンしてしまうのです。
そのため、そのサイクルの中で、休憩期間のタイミングにスタノル(スタノール)STANOLを利用することにより、効率を上げられる、というわけです。