アナボリックステロイドについて

筋肉増強剤・アナボリックステロイド NAVI

アナボリックステロイドについて

アナボリックステロイドとは、ステロイド系ホルモンの総称です。
蛋白同化作用を有しており、この作用は、物質摂取を通し、たんぱく質を作り上げていくことができます。
語源としては、構築を意味するギリシャ語のアナボリックと、ステロイドが合わさったものになっています。
副腎皮質ホルモンにもステロイドがありますが、厳密にはそれとは違うものになるので、別物と考えておいたほうが良いでしょう。

筋肉増強剤に、このアナボリックステロイドは欠かせません。
蛋白同化作用は、筋肉を作り上げる上で必要な行動を最大限まで促進します。
そのため、この作用を持ったアナボリックステロイドを用いることによって、非常に効率的に筋肉増強が出来るのです。
普通に鍛えているだけでは手に入らない筋肉も、このアナボリックステロイド活用で手に入るようになり、水準も非常に高い状態をキープできるようになってしまいました。
スポーツ選手などでこの服用は人気となってしまい、ドーピング問題にまで発展したのです。

アナボリックステロイドは、多くが筋肉増強剤へ利用されていますが、一部医療用の利用が認められています。
適切な食事を行ないながらの摂取では、体重増加を目的とすると、有意義に利用できることがわかっているため、ある程度の管理のもと、それなりの運動とあわせれば、筋力増加が促進されます。
筋肉増強の目的でない場合は、医療機関を通し、処方されることがあります。
医療面では、骨粗しょう症や腎臓関連の疾患症状の改善、火傷や大怪我などによる著しい体力消耗の改善などに利用されます。
アナボリックステロイドには非常に大きい効果があるため、医療面で利用すれば、他の薬に比べ群を抜いて期待が出来るのです。

しかしながら、適切に利用していかなければ、その効果も罠となります。
副作用が大きいのも、このアナボリックステロイドが原因なのです。
筋肉増強などの効果やメリットに惹かれ利用を続けると、取り返しのつかないことにもなりうるのです。